2013年04月14日

総会と桜と森のお散歩

IMG_0226.JPGIMG_0229.JPGIMG_0230.JPGIMG_0235.JPGIMG_0238.JPGIMG_0239.JPG
久しぶりにあたたかい日となりました。
森はどんぐりがあちこちにこぼれ、なんとか芽をだそうとしてました。

H24年の実績とH25年の計画はとどこおりなく承認されました。
今年は役員の交代の年だったので会長職は小見豊さんから宮長悟
さんに交代となりました。

総会のあとは
白鳥城址まで散歩する予定でしたが実は「くれは山荘保養館」の裏口
からはちょっと時間がかかります。わずか1qですがアップダウン
が多いので中高年の歩きなれない人は往復1時間かかるでしょう。
途中ですみれやショウジョウバカマをみながらお茶しながらの散歩を
ものたりない、と思う人は元気な証拠!
よほどアウトドアに慣れている人じゃない、と意外に山道は足腰に
きますので無理しないでください。

散歩後は鏡森先生の「薬膳ランチ」です。
たっぷりの薬膳粥に元気パワーをもらいました。
人々が健康であることを願う先生の気持ちがやさしい薬膳ランチ
でした。
今年の計画は香イベントがプラスされますのでまた追って報告
しますね。今日の雰囲気がでている写真をつけます。
posted by もりたの at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2013年04月13日

八尾 香のイベントの記録です。

DSC04780.JPGDSC04785.JPGDSC04786.JPGDSC04787.JPGDSC04793.JPGDSC04795.JPGDSC04800.JPGDSC04815.JPGDSC04824.JPGDSC04825.JPGDSC04826.JPGDSC04831.JPGDSC04838.JPGDSC04844.JPGDSC04851.JPG
とやまの森で森林療法を楽しむ会の秋のイベントが無事終了しました。
森の香りをさがして活用し、日本の森林を活性化する
ことができればよいな、という夢もあります。
昨年はクロモジを採取してアロマオイルを抽出しました。
今年はアカマツからオイルを採取しようという企画です。
今回は森林インストラクターとしてわかっちが「日本の松」の話をあれこれ
まとめてお話しました。

松葉は「若い葉っぱ」「低い位置で採取しやすい」「深山はクマがでる
のでダメ」ということでアバンダンスの近くの八尾の森で準備しました。
午前中に採取→松葉を裁断→機械で抽出 本当は乾燥後に裁断が
ベター。
長時間でほんのわずかしか抽出できません。
今回は松葉ジュースも作ったのでその写真もアップしておきます。

ジュースは @松葉の緑のところだけを準備 Aきれいに何度も洗う
        Bジューサーミキサーで粉砕 C濾して液だけにする
        Dハチミツ、レモン(クエン酸必要)など、塩わずかまぜる
        E味を調えて終了

今回は沖縄のシークワーサー、五箇山のアカシアのハチミツ、とおいしいもの
が用意されていたので松葉ジュースもすこぶるおいしかったです。
ただし、デトックス効果もあり、飲みすぎないように!
クロマツは効用もないし、ジュースにもならないのでご注意ください。

アバンダンスの環境も良く、長谷川由美オーナーも素敵な方です。
またお昼のスパゲッティランチがとてもおいしかったし、16名というほどほど
の人数で、若い女性にも楽しんでいただけたようで大成功となりました。
posted by もりたの at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

冬イベントおわりました

なしDSC05265   補正.jpgDSC05267.JPGDSC05272 - コピー.JPGDSC05275.JPGDSC05280.JPGDSC05284-001 - コピー.JPGDSC05287.JPGDSC05288.JPG
久しぶりの青空。冬のイベント日和の半日でした。
とやまの森で森林療法を楽しむ会の年間イベント最終回!

黒部市の「あこや〜の」以前は黒部少年自然の家でした。今は
だれでも気軽に利用できる交流館で海抜100m、我が家からは
車で10分くらいの見晴しの良いところ。

今日は表面に薄く新雪がかかり、とても気持ちの良い歩き心地でした。
私は「マイスノーシュー」でそろそろ。半分が初体験だったけどみなさん
そこそこ上手です。
この会は自分が癒されることが一番なのであまりがんばらなくていい
からかもしれません。
皆スノーシューを装着するだけで疲れるような体力のなさですから^^)

大事なのはひごろのストレスを解消する何気ない会話やみんなで
楽しむ雪の森カフェでくつろぐこと。
今日のおやつは森林インストラクターの広田さんの手作りの「つばき餅」。
ランチもデイリーヤマザキの手作りサンド。
ちょっとだけ歩いてすぐに黒部市内を望む丘でカフェタイム。
寝転んで空を見上げて健康話に盛り上がり、とても癒される冬の一日
でした。一般参加された小学生の女子もとても楽しそうでした。

タラの芽もふんわりとふくらんで春の訪れを待っていました。
posted by もりたの at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2012年06月27日

氷見イベント終了しました。

DSC04312.JPGDSC04317.JPGDSC04323.JPGDSC04344.JPG
初夏の氷見で海辺の森林浴の企画が終了しました。
県内各所から10名の参加がありました。
まずは潮風の海辺を「海浜植物園」まで散歩しました。
ちょっと早めについたわかっちは散歩中に「オカヒジキ」をゲットしました。
台風のあとでもあり、海辺は流れ着いた藻屑で白砂青松というわけには
いきませんでしたがお天気もよく気持ちよかったです。
松林は保安林の指定になっていますが、手入れされてはいません。
全国どこもにたりよったりですね。

さて、今回は当会の会員さんでもある、石粼きよ子先生の
セルフリンパマッサージを民宿あおまさの二階で実施しました。
用意していただいたアロマアオイルは氷見海岸にふさわしいチョイス!
「サイプレス・シダー・月桃・ローズウッド」と木の香りのするオイルで
アロマストレッチ&セルフマッサージです。
初めての参加の人も「こんなに自分の手や足をじっくりさわるのは初めて!」
ということで体全体にはりめぐらされるリンパのお勉強もしました。
みなさん、とてもおだやかな気持ちになっていただけたようでした。
「来年の企画にもぜひいれてほしい」とのリクエストもありました。
posted by もりたの at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2012年04月16日

魚津の森で森林療法を楽しむ会 スタートしました

DSC03906.JPGDSC03918.JPGDSC03908.JPGDSC03909.JPGDSC03911.JPGDSC03913.JPGDSC03914.JPGDSC03916.JPGDSC03917.JPGDSC03921.JPG
とやまの森で森林療法を楽しむ会 姉妹編
魚津の森で森林療法を楽しむ会 スタートしました

参加者は5名。初めての企画にちょうどいい人数です。
集合場所は魚津市の山女と書いて(あけび)の里の皮工房のグレイン。
たくさんの作品が並んでいます。最近はカフェも始められていました。
300円ですがリッチなコーヒーカップにたっぷり。おいしくいただきました。

まずはコーヒーを飲みながら自己紹介、次はゆっくりと手の気功。
健康のためにウオーキングするのとちょおとちがいます。
このグループの目的は 自然との交流です。心身を開放して、森の
気をいただき、感謝の気持ちをお返しするといった感じでしょうか?
青く澄んだ空、雪解けの雪の匂いが春の風にのってきます。
片貝川の本流は暴れ川ですから川の音も大きいです。
グレインから少し歩いたところに 別又への分かれ道があります。
そこらへんで一休み。
広田さんが用意してくれたかわいいノート、私は濃い紺色をチョイス。
セルフカウンセリングと書いてありますが、要は静かに自分をとりもど
す時間。私は林道にあおむけに寝転んでみました。
この静謐な空気、なんという平和で幸せな時間でしょう。
非日常の時間がゆっくりとすぎてゆきました。

戻ってから、広田さんお手製、本日の春のおやつは「蕗の薹味噌」
全粒粉のクッキーにつけてほろ苦い春を味わいました。

写真は「皮工房グレイン」と片貝川沿いの里山です。
コーヒーの横にあるのは三つ葉セリ とヘビゼンマイです。
posted by もりたの at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2012年03月04日

定期総会の日時訂正します。

先のメールの定期総会日時がまちがっていたので訂正します。

定期総会は 4月21日(土曜日) 10時〜12時です。

会員の方は無料にて
お昼は 鏡森先生が 作られる 薬膳ランチをいただきます。
昨年の総会で身体に良いおいしい食事を堪能し、お変わり自由の
お粥も大変美味でした。
また、別棟のラムネ湯も入っていただけます。

(事務局)
posted by もりたの at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2011年11月07日

八尾の森で香りさがしイベント無事終了しました。

DSC03371.JPGDSC03407.JPGDSC03428.JPGDSC03417.JPGDSC03445.JPG
11月6日はあいにくの雨模様でしたが参加者は19人と今までで一番多く
盛況でした。
アバンダンス前で集合のあと、国際電気さんの森の散策路におじゃまして
クロモジを採取しました。道端に近いところで、大きさも手ごろで一般の
人もさがしやすい樹木です。一年を通じて早春の花や丸い実や黄葉、
お茶に香りの材料、クロモジの楊枝、かんじきの材料など名実ともに
楽しめるので日本の里山には欠かせません。
雨のなか、正味40分くらい歩いたのできついかなと思ったのですが
雨の森体験も参加者にはおもしろかったようです。小学1年生の女児も
最後まで元気でした。

採取後はアバンダンスにてチップにしたあと蒸留しました。一度に
たくさんはとれないので今までに作った年代物の精油をブレンドして
午後から練り香を作りました。
クロモジオイルの他にホホバオイルやみつろうを使いました。

お昼は八尾駅前の「くるちゃ」でそばランチ。いつもはしていないのです
が今日は特別にランチセットを用意していただきました。
「新米の塩おにぎり・天ぷら・漬物・・新そば・シフォンケーキとコーヒー」
たっぷりの大根おろしとねぎがつき、お一人1000円でした。
雨にぬれた洋服がまきストーブで乾き、おいしい手作り食品のお土産
を買ったりしてすっかり八尾の魅力にはまりました。

長谷川由美先生と谷野さんから優しく教えていただき練香を作り、
帰りには香りのお土産もいただきました。当会の会員さんは12名、
それ以外の7名の方にもクロモジのお話などの資料をお渡ししました。
散策、新そばランチ、香作り、森のお勉強もできなんとも充実した一日
でしたとのこと、みなさんに喜んでいただき良かったです。


たことと思います。

posted by もりたの at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2011年09月26日

秋の北陸癒し旅 林業試験場としらやまひめ神社行ってきました

DSC03111.JPGDSC03116.JPGDSC03124.JPGDSC03130.JPGDSC03114.JPG
9月25日(日)秋の遠出の企画は9名の参加者でした。
車での参加が3名、JRなどの利用は6名でした。

当会の設立時からの会員であるNさんは金沢在住です。
ご自分の仕事のなかで高校生を案内する場所が石川林業試験場の
樹木公園だったので、今回は情報交換会ということでおじゃましました。

わかっちが乗った生地からは、北陸鉄道という渋いローカル列車まで
乗換えが4回でした。秋風が吹き、制服のアテンダントさんもおだやかで
親切で列車の旅が久しぶりに楽しかったですよ。
樹木公園は 桜の種類と大きさ、椿の種類も多いことで有名です。芝生広
場は家族連れでにぎわっていました。北国新聞に「カツラ」の木の黄葉の
記事が当日載ったらしいけどまだちょっと早い感じ。

Nさんの資料に樹木公園を初めて散歩した高校生の感想文がありました。
晩夏の森の不思議な心地よさに驚いた様子がよくわかります。私たちは
曼珠沙華をみたりしながらゆっくり散歩。日本庭園で休憩し、そこでカツラ
のことについておもしろいうんちくがあったので森林インストラクターの
わかっちが少々ご披露しました。ちょうどカツラの木の甘いカラメルの匂い
がしていい感じでした。

しらやまひめ神社はみなさんお気に入り。美しくて厳かです。縁起を調べた
ところ、一般の縁結びはもちろん、良縁に恵まれない人、復縁を願う人など
ご縁について霊験あらたかのようなのでしっかりおまいりしてきました。^^)
会員のみなさまには追ってプリントお渡しします。

鳥居のすぐそばに「おはぎや」さんというお店があり、ここのランチが大変
おいしかったです。1000円なのにお寿司におそば、天ぷらにおかず、と
散歩の疲れがふっとびました。
お土産におはぎや、お寿司、野菜や味噌などみなさんたくさん買いました。
お店の方もご親切で、いろいろ見どころをご案内しますのでまたどうぞ、と
お見送りしてくださいました。
http://ohagiya.com 年中無休

遠出でしたがいろいろお勉強にもなりとても癒された楽しい旅でした。
(わかっちレポート)
posted by もりたの at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2010年04月13日

平成22年度とやまの森で森林療法を楽しむ会の総会おわりました

ショウジョウバカマ.jpg桜の下で記念写真.jpg
会員の75%の出席率で無事総会が終了しました。
午前中は くれは山荘保養館の裏手から呉羽山遊歩道へ抜け
白鳥城址まで1時間30分の散策を楽しみました。
森林インストラクターの大先輩の和さんもおいでになっていて
森のトリビアをきいては「へー!」などと楽しく散歩しました。
裏道は積雪による倒木がたくさんあったけれど 散策路はきちんと
整備されて歩きやすくなっていました。

山荘の裏手を10分ほどいくと広い道にでます。草花がたくさんあり、
鳥の声がしてここだけで森林療法になります。一般人もあまり歩かない
散歩スポットです。白鳥城址までは時間に合わせていろいろな時間設定が
できます。
●10分から2時間以上でも大丈夫。
●足の丈夫でない人から 健脚の人まで大丈夫。
●山荘へ予約すれば休憩も薬膳ランチも大丈夫。
●予約したら 炭酸入浴と休憩も大丈夫
●一人になりたい人も グループで楽しみたい人も大丈夫。
●会議にも健康にも自然散策にも癒しにも大丈夫

私は数回みなさんを案内する機会がありましたがどのようにも可能性のある
素晴らしい場所と思いました。共同オーナーであり、当会の代表でもある
鏡森先生の広い包容力が優しい雰囲気を醸し出しています。
しかし、あくまでも民間の施設なので 利用はこちらの関係者の知り合いと
いうことになります。 何かお問い合わせの節は
NPOみどりの風、もしくはこのホームページをご活用ください。
posted by もりたの at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2010年03月14日

新聞付録まんまるの森林療法の記事

kinominonakama-2010-03-14T14_06_10-1.jpg

数日前の北日本新聞の付録の「まんまる」にとやまの森で森林
療法を楽しむ会代表の記事が載っていました。写真は事務局
わかっちが以前から撮りためていたのを提供しました。
4枚ともわれながらいい写真、と思っています。
森林の写真は有峰です。グループ樹の実のみなさんや一般の
方を対象に森林インストラクターとしてコーディネートしたときの
写真です。癒されている感じがとてもよくでています。なぜならいつ
もの森の仲間たちと一泊の旅。料理、パステル画、世界一周の
旅の写真とお話、オカリナ、それぞれが得意な分野を披露し楽しい
時間をすごしたのですから。

この富山で、だれでも、いつでも、このような時間に会えるといいですが現実は難しいです。会員が信濃町や飯山に見学旅行しました。
昔からはぐくまれてきた「もてなしの心」「自然との距離感」「本格的な地元のサポート体制」など絶妙との感想でした。

私自身も森の案内人として少人数の人に癒しの時間を提供したい
と思いますが、今のところ時間の余裕と心の余裕がちょっと…
今年は1ヶ月に一回あるグループ樹の実の活動場所であるきのみの森でいくつかの新企画で楽しんでみようと思います。

森での楽しみに興味があったらわかっちまで連絡ください。
ちなみに とやまの森で森林療法を楽しむ会 の会費は1万円
グループ樹の実の会費は2000円です(今のところ)
療法ともHPがあります。
HPもとびさんがリニューアル中なのでたまにのぞいてみてください。

写真は 有峰の猪の根山の湖が見える場所に到着し、ほっとして
絶景に心を奪われているところです。(わかっち)
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2010年03月08日

春を待つ白川郷

kinominonakama-2010-03-08T11_24_33-1.jpg

kinominonakama-2010-03-08T11_24_34-2.jpg



とやまの森で森林療法を楽しむ会のイベントで白川郷トヨタ自然学校へ行ってきました。ここ数日めずらしく雨が降り続いていたそうです。
夜半から雪になりました。
小雨のなかの白川郷の町並みを散策しました。甘酒おいしかったです。
合掌造りの休憩場所にはいろいろ飾った松ノ木が天井からさがっています。
幹の白いもちは「春の花」のつもり。外へでられないから家の中で春を待っていたのですね。

白い蛇みたいな餅もあり、それを見つけた人はラッキーらしいですよ。

翌朝は薄っすらと雪が積もった絶好の雪日和です。野沢さんというネイチャーガイドさんの案内で雪の森へスノーシューででかけました。リスが元気に走り回っている足跡がありました。そしてめずらしい「やどり木」が大きなナラの木にいくつもぶらさがっています。冬の鳥たちのごちそうです。
マンサクの花はまだ固く、それでも少し紐みたいな花が見えていました。
今年は4m近く積雪があったそうです。いまは3分の1くらいでした。
この自然学校は建物が大きく開放感があります。自然が大好き!という感じのスタッフの雰囲気が心地よいです。
写真は雪の森のヤドリギ 松の飾りです
(わかっち) 
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年11月08日

くれは山荘保養館イベントパート2

kinominonakama-2009-11-08T20_46_54-1.jpg

炭酸湯(通称ラムネ湯)のこと書くの忘れました。
予約制ではありますがからだに優しくなじむこまかい泡が特徴です。
あまり湯冷めしません。大き目の浴槽と檜のちいさめの浴槽が
あります。今日からスタートです。休憩の場所ができればゆっくり
のんびり癒される保養、鏡森さんは「療養」と思っているとのこと
でした。お医者さんですから幅広くいろいろご存知です。

そして、丘陵を歩くと、ガマズミの実のほかに林縁には冬イチゴ
が実をつけていました。二人ほどジャムにするのだといって摘んで
おられました。キイチゴのなかまでツブツブとした赤い実です。
酸っぱめの美味しいジャムになります。葉っぱもちょっとザラッと
していますが姿が美しく、初冬の散歩道のお宝です。

わかっち
posted by もりたの at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

呉羽山秋の紅葉散策と炭酸湯

kinominonakama-2009-11-08T20_08_40-3.jpg

kinominonakama-2009-11-08T20_08_39-2.jpg

kinominonakama-2009-11-08T20_08_38-1.jpg

わかっちが事務局している「とやまの森で森林療法を楽しむ会」の行事が無事終わりました。参加者が少なかったので囲碁好きインドア系の夫をなんとかだまして連れてゆきました。結果オーライで一安心。くれは山荘保養館をスタートしてほぼ1時間の白鳥城址をめぐる周遊コースを今日は歩きました。落ち葉がつもる広い道でウオーキングも楽しいし、走っている人もいました。案内板もわかりやすく、迷うのもまた楽しい呉羽丘陵の散策路です。城址からは立山の峰々が見え、富山市も一望。にぎやかな木の実のなる樹が多く、鳥の声もします。虫もあまりいないし、クマもいないし、おすすめです。

NPOみどりの風の 鏡森さんが作る「薬膳粥ランチ」も高脚の赤御膳でいただき風情がありました。おいしかったです。
色のきれいなアルコール抜きのカクテル、松の実とホタテのお粥、ひじき添え地物なめこと豆腐のお吸い物、香の物、デザートは白キクラゲとクコの実と福光のあんぽ柿の三種、山荘の松葉のグリーンティー でした。これで1000円です。

今日は特別にこれに グループ樹の実専属のパテシェ史(ふみ)さんの手作りバームクーヘンもいただきました。来年はグループ樹の実の遠足はここで一度どうでしょうか?
(わかっち)

posted by もりたの at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年10月31日

園芸療法の会と交流

kinominonakama-2009-10-31T10_49_59-2.jpg kinominonakama-2009-10-31T10_49_58-1.jpg

園芸療法(ホーティkルチャルセラピー)というのがあり、その研究会西日本のグループが来富されました。
富山県中央植物園での植物フォーラムに参加見学のためでしたが、
とやまの森で森林療法を楽しむ会との交流を希望されました。

植物とのふれあいで心身を癒す、という園芸療法は日本人にとってこれほど身近なものはありません。かたちは違っても、すべての人が感じていることと思います。心が元気なときも弱ったときもいつでも慰めになってくれます。
特に障害のある人にとってはその力は大きいようです。目がみえない人は香りやてざわりで癒されます。耳が聴こえなくても楽しみはみつけられます。
お医者さんの会員さんによれば、「病室の窓から緑が見える部屋」と「そうでない部屋」では患者さんの治癒の状態が違うとのことでした。
園芸福祉士 という 資格もあるそうです。
富山県では「花と緑の銀行」という取り組みが昔から行われています。
これも良い取り組みですね。家の近くでも毎年きれいに花壇が整備されてます。

お花が好きな私は龍生派という生花を習っていました。そのときのお友達が経営する美容院の庭をデザインしたことがあります。素人ですがお客さんに喜んでもらえるのがうれしかったです。自分にエネルギーがないと元気のでるお庭は作れないように思います。少し余裕がでてきた介護生活4年目。
小さなガーデンのプチリフォームを引き受けてみました。来春に向けてテーマは
「虹色スミレの和みガーデン」です。
買ってきた花にまぜてこぼれ種を植え込んだり、道端の露草をのぞかせたりしてびっくりさせるのが得意です。園芸療法も森林療法ももとは同じ。
自然のなかで生きてる私たちはそこにいるだけで癒されるのかなと思います。

写真はくれは山荘保養館での交流会と裏の散歩道でセルフカウンセリング。
(わかっち)
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年10月15日

くれは山荘保養館にて

kinominonakama-2009-10-15T20_35_57-2.jpg kinominonakama-2009-10-15T20_35_56-1.jpg

とやまの森で森林療法を楽しむ会では10月10日に くれは山荘保養館で 「秋の呉羽で森林療法」イベントを開催しました。山荘はまだ本格的に稼動していませんが、由緒のある立派な建物です。そのうちセミナーなどに活用できるようになります。

今回は 午前中は広田森林インストラクターの案内で近くの森を
散歩しました。広い遊歩道に杉の枝が落ちてふわふわしていました。
樹種も多く、ちょうど雨上がりだったので鳥の声も多く、落着いた
良い森でした。アベマキかクヌギかどっちかのアフロヘアのどんぐり、こぶしの実が落ちていました。

きれいに整備された呉羽少年自然の家の方の森とちがい大人の休日の散歩にぴったりな感じでした。難点はめひの園ふじなみの裏手だからかなりわかりにくい場所にあることかな。

午後は アバンダンス代表の長谷川さんによる 香りのセミナーでした。
最近 オークビレッジが売り出した飛騨の森の香りエッセンスを使った「森の香りのオーデコロンつくり」をしました。
20種類以上の香りをまぜてそれぞれが好みの香りをブレンドします。
飛騨の森の樹木のエッセンスです。 同じヒノキでもと木と枝葉と葉は香りがちがっていました。

私が選んだのは モミの枝葉、クロモジ、においコブシ、杉、サンショウ、オレンジ
ヒノキの木、ヒノキの葉、ベルガモット、オレンジです。何滴いれるかでまたちがってきます。香りは熟成してくるそうです。
最低でも3ヶ月は待ってください、
とのことでした。 森の香りにほんの少し甘みが感じられたのでオーデコロンの名前は「甘い森」としました。

そして広田さん手作りのケーキとコーヒー、いつも素敵においしいので心がほっとほぐれます。楽しい時間はスタッフみんなの協力が基本です。ほんとに回を重ねることが大事ですね。

わかっちも母を預かってくださるデーサービスの人たちや、留守番の夫に感謝しながら家路をたどりました。

とても楽しい一日でした。(わかっち)
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年09月17日

美女平遊歩道にチップを敷く

kinominonakama-2009-09-17T20_46_10-1.jpg
kinominonakama-2009-09-17T20_46_12-3.jpg kinominonakama-2009-09-17T20_46_11-2.jpg 

秋晴れの9月17日、立山駅前のナナカマドも色づいてきました。
富山森林管理署が美女平の国有林保護のため、遊歩道に
チップを敷くこととなりました。
各関係者に混ぜてもらってとやまの森で森林療法を楽しむ会
からは5名が参加してチップの敷設作業に従事しました。
その数900袋、思わずえーっつ!と驚く量でした。
しかし、ほぼ60名の参加者により無事一日で作業が完了
しました。歩道のどのあたりまでできたのか私は確認することは
できませんでしたがたぶん予定通りできたのではないでしょうか。
なかなかの重労働でした。
でも根が露出した道を歩くのはしのびない…とみなさん思って
一生懸命がんばられたのでしょう。
今までは泥道をさけるため、道から大きくはみ出したり、根を
登山靴で踏んで傷めたりしていました。
厚さは10センチのチップではまだまだかもしれませんが、何も
しないよりは格段に良いです。

さて、とやまの森で森林療法を楽しむ会 のメンバーは早速
終了後に裸足で歩いてみました。ほどよい湿り気が気持ち
よかったです。杉のチップとはいえ、虫もいるかもしれません。
みなさんが今後歩かれるときは感触を味わう程度からどうぞ。

敷いたチップは立山町の間伐タテヤマスギです。(わかっち)
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年08月13日

『セラピ-ロ-ドトレッキング』 ニャン太郎

kinominonakama-2009-08-13T13_24_10-4.jpg kinominonakama-2009-08-13T13_24_09-3.jpg

kinominonakama-2009-08-13T13_24_07-2.jpg kinominonakama-2009-08-13T13_24_06-1.jpg

わかっちさんの『セラピ-ロ-ド』に刺激され8月12日、夢見平でセラピ-ロ-ドトレッキングをして来ました。この森は、高・中・低木が理想的な形で、若い木、老木が適切に混じり、ブナや白樺が生き生きとしていました。
いゃ〜 リフレッシュ になりましたニャァ-。
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年08月10日

やさしいルートのセラピーロードでグロッキー

kinominonakama-2009-08-10T22_44_21-2.jpg

kinominonakama-2009-08-10T22_36_19-1.jpg


大山町のセラピーロードのイベント終了。とやまの森で森林療法を
楽しむ会ではひまわりの様子や道の検証もかねて企画しました。
一番やさしいというコース 「らいちょうバレー」のコースです。
ウオーキング気分で歩き始めましたが、どっこい、上級のトレッキング
ロードでした。いけどもいけども下りの道を2時間続けて
歩くのは大変きつい道でした。 木の階段やチップや石の道と
多少変化はありますがともかく最後には膝がガクガク、ふともも
まで痛くなってきました。

うす曇りで時々小雨がパラパラするお天気だったのでなんとか
ペットボトル1本の水ですみましたが、晴れていたら熱射病の
危険があったかと思います。

途中にトイレも水分補給の場も日陰もありません。

あまり足に自信のない方はやめられた方がよいでしょう。

ただ、あとから追いついてこられた若い二人の旅行者は「楽勝」
といってました。
同行の会員の方によれば白山の下山もこれくらいですかね。と
おっしゃってました。
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年08月06日

大山町セラピーロードを歩いて温泉ですっきり

大山町らいちょうバレーエリア.jpg
8月9日(日)に私が事務局のとやまの森で森林療法を楽しむ会
のイベントで立山山麓トレッキングをします。
参加者は11名。小学校3年が2名と中高年です。
最近認定されたセラピーロードの中で一番優しいコースにしました。
私も森林インストラクターのわりには高い山やきついコースは苦手で
ゆっくりと周りの景色を楽しみながらという計画にしました。

9時00分にゴンドラリフト山麓駅に集合。ゴンドラに乗って頂上から
大山町農山村センターまでトレッキングです。ゆっくりとはいってもスキー
場の下り坂ですから膝に負担がかかります。ので私はステッキを用意
しました。休みながらお昼ごろまでに降りてきます。「愛花夢」さんで
温泉に入り予約の昼食をいただき解散です。

愛花夢さんには一昨年の当会の「香りセミナー」の時にとても
親切にしていただきました。今年は天候不順でひまわりも成長し
ていませんでした。何かと大変なことでしょうね。
このセラピー基地には「うれの会」とか専門ガイドの方もおいでの
ようですが今回はわかっちが案内人です。
大山町の歴史を調べました。おもしろいのは大山三賢人。
ちょうど時期もよいので冠松次郎が語った「宇治長次郎」のお話
鍬崎山の埋蔵金などのお話も途中でいれながら楽しみたい
と思っています。

当会は会員は参加費ゼロ、一般参加は実費(1500円)です。
今回は写真の右端のコースです。(わかっち)
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2009年06月28日

宇奈月 とちの湯

kinominonakama-2009-06-28T23_31_19-1.jpgkinominonakama-2009-06-28T23_31_20-2.jpg

あるイベントの下見をかねて宇奈月温泉街から車で
5分ほど奥まったところにある「とちの湯」へ行ってきました。
そんなに大きくはなく普通のアルカリ温泉です。写真は露天
風呂からみえる景色です。トロッコ電車が走っていくのが
見えます。のんびりといい感じです。
裏のほうにはちょっと勾配がきつい遊歩道があります。
看板には「森林浴の森」と書いてありました。
時間的には海岸にある黒部市生地のわが家から車で
30分で深山へ到着します。
つくづく山と海と水に恵まれている幸せを感じます。

この施設は黒部市営で料金は 大人一人 500円 
小中学生は250円、(70歳以上は200円?かも。)
午前9時30分〜午後6時まで営業してます。
おいしい宇奈月ビール、アイスクリームもあります。
食事もできます。

冬積雪のため12月初旬で閉鎖します。
(わかっち)
posted by もりたの at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録