2018年03月03日

頼成の森 冬のイベント

218日は、とやまの森で森林療法を楽しむ会の冬イベント日。


呉羽近辺から砺波359号線あたりは道路が圧雪状態でした。


日中は晴れで小雪がチラつく素敵な冬の森日和となりました。


成の森入り口はすっぽり雪の中、


IMG_1485.JPG


IMG_1459.JPG




集合場所は森林科学館の前、12名の参加となりました。。

  

頼成の森は、天候不順でも施設内でクラフトを楽しんだり、


野外体験のお勉強もできます。


冬はかんじきやスノーシュー(西洋かんじき)ストック付きで


無料貸出ししています。若い人のグループや個人の中高年者が


次々来所していました。どちらのグッズも使い方は簡単。


初心者でもすぐに慣れて歩けます。


IMG_1456.JPG


歩く途中にある見晴らし台で「朴ノ木台」でしばしお茶タイム。


雪のテーブルクロスでホットなひととき。


スタッフ準備のルイボス茶にはちみつを入れたりして…。


寒い屋外で飲むホットなお茶と甘いお菓子。冬のアウトドアに


これは欠かせません。(^^


ここからの眺めは一方は立山連峰、反対側は砺波野平野と一年中


とやまの森の景色を楽しめます。


1時間ほどスノーシューウオーキングをしました。


IMG_1462.JPG


今回は森松科学館館長に案内人をお願いしました。


動物の足跡や植物の春の兆しをじっくり観察。


戻ってからはパワーポイントで当日出会えなかったお宝画像


の解説です。


リスがまつぼっくりを食べたあとに「エビフライ」が


残るって知っていますか?これがリスのエビフライです。


IMG_1479.JPG


さて、道の反対側には森の駅 もりもりハウスがあります。


生産者の直売店にはきのこや野菜が豊富。加工食品


瓶詰めもたくさんです。


IMG_1486.JPG


レストランのホットサンドランチやココアもおいしかった。


着物地の端切れセットや木の工作もいろいろ、けっこう


楽しめるのでこの道を通ったらぜひ立ち寄ってみてね。


  



続きを読む
posted by もりたの at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2018年01月15日

11月19日 マインドフルネス実践セミナー

今年三回目のイベントは久しぶりに保養館でのセミナーでした。
最近よくきく「マインドフルネス」という言葉に興味があったので
富山市在住の講師をお招きして体験しました。人には習慣という
生き方のクセがありますが、そこを見つめなおす機会となりました。
からだも大事ですが「心の健康」って大事ですよね。

マインドフルネス実践セミナー

日 時 H29年11月19日 9時〜13時

場 所 くれは山荘保養館

参加者 会員 12名 一般参加 2名

講師 小松紀美子さん
   (産業カウンセラー、精神保健福祉士)
  ヨガ・瞑想を取り入れたマインドフルネスを実践

DSC_0011.JPG

一部では 直観力・呼吸法・五感・ストレス・自分を知る
などのお話。実際体験し、資料で確認しました。

最近なかなか言葉がでてこないということはありませんか。
頭で何か考えたことも言葉であらわさないと、消えてしまいます。

■直感力磨くには連想ゲームがよい
 人間の直感とはなかなかのすぐれもの。
 瞬間的に「あっ」と思ったことはだいたい合っているそうです。

 一つの言葉から10個の言葉を連想する。

これは簡単そうですが意外になかなかできません。一日10秒でも
良いから言葉を思い浮かべる、もしくは書いてみる、という作業で
直感力を磨いてください。

■良い呼吸が良い瞑想につながる
 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っています。
 このバランスがとれていることが健康のカギとなりますが
 その元になるのが良い呼吸です。

■五感について
 香りは心の安定に重要な要素です。(アロマの効用)
 触感や聴覚など衰えてきますがすべて脳に直結しているので
 五感に敏感になることは脳の活性化につながります。

■ストレスをコントロールするには
  ●今の自分がどういう状態か客観的にみる
  ●みんなちがってみんなよいという視点
  ●ストレス解消の対応策をもっておく
  ●対応する技を磨く(体験や学習)
  
■自分を知ることも大事
 私はここまでやってきた、これからもやれる、という 自己肯定感や自己信頼感を持つと自信につながる
 自信をもつには「他者貢献」も大事です。友達に囲まれ
 社会的孤立、情報孤立しないことが大事です。
 無条件に受け入れられ、ほめられ、まわりに恵まれている人
 はストレスが少ないです。

二部では レーズンを使って「レーズン瞑想」を実践しました。
     ヨガ瞑想も体験しました。

IMG_0722.JPG
IMG_0719.JPG

今回のセミナーで、「過去の記憶に惑わされず、未来への不安におびえる
ことなく今の現実を見る」ということを再確認しました。
笑う余裕がなくてもにっこり笑って鏡を見たら脳がカン違いしてくれる
というお話もありました。
瞑想などしながら自分がおだやかに過ごせる時間と空間を確保しましょう。
今回は女性ばかりの参加でした。アットホームな雰囲気で自分を見つめ
直した良いセミナーでした。




posted by もりたの at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2017年07月02日

6月11日 初夏の古洞の森で身も心もリフレッシュ

今回は一般にお知らせする前に早々定員近くになりました。

森林浴にふさわしいこの時期の企画は毎年大人気です。

日 時 H29年6月11日(日)8時45分〜13時

場 所 自然活用村 古洞の森(076-434-0777)

参加者 今回は一般参加6名を含む18名参加


集 合   8時45分 一番下の駐車場で集合
      (野菜売り場がありますが開店はちょっと遅め)
       9時〜古洞ダム前のパーキングに移動

      9時〜10時    古洞の森散策スタート
      武田青空.JPG
      
      初夏のさわやかな緑と白いネジキの花や卯の花
      黄色のキイチゴを見ながら天文台前まで歩きます。
      森林インストラクターやナチュラリストなど自然大好きな
      人がちょっとだけ説明します。
      青空のもと、前日の雨で光っている緑の樹木と同じように
      みんなの瞳が珍しい現象にキラキラしています。
      
      スイカズラの花 
      白から黄色に花の色が変化するので金銀花ともいいます。
      金銀花.jpg

      今回初めて参加した人も毛虫はもちろん蜘蛛の子の
      巣やトンボに蝶など目の前で説明されるので興味深々!
      観察会とちがって気のむくままです。舗装道路を15分
      の距離を天文台前のあずまやまで歩きます。
      
      10時〜30分    めい想とカフェタイム
                   当会らしい 森林療法
      めい想.jpg
     
      10時30分から11時30分 自然道散策
      
      天文台前のあずまやから どんぐり橋をわたり自然道
      を散策します。今回は脚力の強い元気な人の健脚班
      とひざの痛い人・初心者向きの癒しコースと2つに分けて
      みました。人々の状態に合わせてコースを変えられる
      変化にとんだ素晴らしい森でした。

      どんぐり橋.jpg
      
      11時30分から14時解散まで (レストラン古洞)  
                      ランチバイキング

      地元池多地区の農家の方が野菜を提供。
      おばんざい的な料理とピザやカレーなど盛りだくさん。
      飲み物もおいしくデザートも人気でした。
      やはりおいしい食事は必須!
    
      ランチバイキング.jpg

      バイキング.jpg
      
     この会ではみんなと一緒にでかけて雰囲気を知って、後日
     また訪れてほしいという気持ちで半日くらいのゆるい企画を
     立てています。古洞の森はバーベキューやお風呂もあります。
     秋にも訪れたいとみなさんが望まれた人気スポットとなり
     ました。


      









posted by もりたの at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2017年04月15日

4月15日 総会が無事終了しました。

みなさま 当会の本年度初めてのイベント総会のご報告です。

日 時 4月15日(日)10時30分から13時まで

場 所 くれは山荘保養館

今回は一般参加含めて15名、総会と薬膳ランチを楽しみました。

今年は昨年同様26名の会員となります。
IMG_8755.JPG

会費が1万円と高いけど今回のランチのように毎回なんらかの

リターンがあり、会報「森のとびら」でも楽しい情報をお届け

するようにしています。

当会の発足時の代表の鏡森氏は薬膳の第一人者でもあります。

毎回 台湾・中国で購入の材料も合わせてご自分で作られた

薬膳粥は身体によさそうで3杯お代わりした人も。

ハイビスカス食前酒、ゆべし、もちのデザートなどもおいしかった。

IMG_8775.JPG

そして今回は副代表の広田さんの桜のお話も大変興味深い

ものでした。仕事上緑と花に熟知しておられますが

富山の自然、そして桜の里のすばらしさを再認識しました。

IMG_8760.JPG


IMG_8761.JPG


IMG_8770.JPG

会員のみなさんへは情報をまとめて「森のとびら」でお伝えします。


posted by もりたの at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2016年10月18日

吉峰イベントのご報告

秋の吉峰ウオークと樹木観察イベント参加者は11名。

一般参加のお一人は高岡から初めて参加されたのですが盛り沢山の

内容で楽しかったと、とても満足してくださいました。今回の講師は

森林や植物、里山の生態など 富山県で一番の物知り博士の長谷川

幹夫さんのご案内でした。のんびりウオーキングもよいけれど、私達は

森を大事に思う「もりたの」の会なので勉強もして森のいきものの不思議

さにも触れていただきました。

IMG_7267.JPG
森林研究所の長谷川幹夫さん

IMG_7268.JPG

地面を見たり空を仰いだり忙しい!


クスノキの葉っぱの中のダニ部屋って知ってますか?香りのある木は

なんのために香るの?など次々知らされる情報はメモをとるよりも

聞いてた方が楽しいですよ。かといって帰りにはすべて忘れているのも

さみしい話。今回は長谷川さんに高枝バサミで枝を切ってもらい細かく

五感を使って観察、またお持ち帰りもしましたので少しは覚えたかもね。

里山での楽しみはなんといっても「クロモジ茶」!少しばかりの小枝を

紙コップに入れ、持参した白湯を入れのどを潤しました。

昔からのマイブーム。甘くてすっきり、さわやかな森の香りです。

お茶をのんだところの近くには「木の実の家」とトイレがあります。

IMG_7279.JPG
入り口に電話がありました。

広くて研修などにも使える木造の施設。アーバンタワー(見晴らし台)

もあります。舗装道路や木の階段があってどの道からも登れますが

看板が途中何か所かにあるので興味があればごらんください。

お昼は吉峰交流館の中の「喫茶カモミール」にてみんなでランチ。

おいしくてリーズナブル。ハーブケーキとドリップコーヒーもなかなか。

今日のもう一つの目的は近くにある神社の参拝でしたが3名のみ参加。

あとのみなさんは温泉、山の幸の買い物など自由度が高いのも当会

の特色です。

神社については明日書きます。








posted by もりたの at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2016年06月23日

神通川・鎮守の森の巨木と野仏の里

6月18日〜19日初夏のイベント無事に終了。

18日はとても暑い日となり熱中症の心配も!

今回の日帰り参加は新会員2名を含む15名でした。

JR猪谷駅を出発したのは11時30分。

地元のあねくら姫の会のガイド和田さんに案内し

ていただき、まずは「へこき坂」おもわず笑ってし

まう急坂を登れば、そこにカメラ目線のカモシカ!

飛騨と越中を結ぶ街道の長旅の無事を願って


200体もの野仏が鎮座。いくつかの場所に

まとめてある野仏の見学。あちこちに散らばって

いた野仏さんたちが一堂に会し

穏やかなお顔で神通河畔を見下ろしています。

 
IMG_6129.JPG
道中涼しい風が吹き「立葵」のピンクが優しい。

IMG_6132.JPG

スサノオ神社に到着。ケヤキとスギの巨木があり

参道の日陰で「源」の富山弁当をいただき、それ

からセルフカウンセリングを30分ほどしました。

あまりの気持ちの良さに爆睡する人も。

江戸時代のの旅人にタイムスリップの気分。

IMG_6139.JPG

IMG_6134.JPG

お寺では鏝絵を見学。

大きなメグスリノキのもとで記念写真。

みなさんいいお顔なのでアップしてもいいかな。

IMG_6141.JPG

帰りはアツアツの日射しの為車で移動して、猪谷

関所館を見学。入館料150円の価値あり。

ここは必見ですよ。円空仏の話も聞きたかったな。

私は蟹の渡しの様子を体験。

IMG_6165.JPG

IMG_6155.JPG

この日越中ユートリアで一泊した人は3人。

食事は鮎がおいしく食べきれないほどの量。

これに天ぷらとデザート付きでした。

IMG_6172.JPG

日帰り会員の方も、滞在時間が短いけどとても

ぜいたくで楽しい体験でした、と好評でした。





posted by もりたの at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2016年05月05日

定期総会終了のご報告

まだまだ余震が続きますが熊本地方のみなさまの

ご安寧を心よりお祈りしています。

さて、「とやまの森で森林療法を楽しむ会」は愛称

を「もりたの」としまして11年目のスタートです。

「療法」というよりも当会らしい「癒しと楽しみ」が

つまった県内各地での森林散策の体験を積み重ねて

いく予定です

今年の総会は会員26人中19名参加申込みをいた

だきました。

人気なのが総会終了後にいただく薬膳ランチです。

当会顧問の鏡森定信氏がご自分で材料を集め、くれは

山荘の厨房で作られる薬膳粥御膳です。沖縄の竹の

朱塗りの御膳が美しいです。

富山市呉羽のくれは山荘保養館で開催された総会

では下記の通り総会議案が承認されました。
        
           記

1号議案 H27年度事業

2号議案 H27年度収支決算報告

3号議案 H28年度事業計画

4号議案 H28年度収支予算

5号議案 そのた

宮長代表は、今後「療法」を前面にだすのではなく

富山県各地の森と自然を楽しみながら心と身体の

健康に役立てていきましょう、そして体験した情報を

世の中に伝えていきましょう、との活動方針をみな

さまにお伝えしました。

今年の総会のお楽しみ企画は「桜 五題 」を提供
   
      1、 八尾の桐谷で新種の桜発見
   
      2、 桜にまつわるエトセトラ

   3、 桜の香りの話の朗読

      「植物はすごい」中公新書

   4、 道明寺の桜もち

      (宇奈月の福多屋で調達)

   5、 桜茶

終了後に薬膳ランチと桜もちと桜茶をいただき

新会員を含め、自己紹介や活動紹介で交流。

県内各地の会員のみなさまのご意見や情報、

このブログへのご投稿もお待ちしています。

当会のイベントにつきましては会員以外のみなさま

の参加も自由です。ご参加お待ちしています。

★★★H28年事業計画について

4月17日(日) 定期総会 薬膳ランチ

          桜にまつわるエトセトラ 五題

6月18日(土)から19日(日) 一泊二日

  初夏の神通川 風の森散策

      (宿泊 越中 ユートリア)

10月16日(日) 富山県森林研究所 樹木園

           立山グリーンパーク 吉峰

H29年1月29日 (日) 冬の森 ねいの里

            休憩 いこいの村 磯波風


以上総会の報告です。内容は個別に当ブログで

ご紹介します。

posted by もりたの at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2015年11月20日

10周年記念講演会 盛会のうちに終わりました。

平成27年11月8日、くれは山荘保養館にて行われた講演会は

長野県や石川県からも含めて42名ご参加くださいました。

会場となったくれは山荘保養館は古民家です。小菊の

花籠でお出迎えです。

002.JPG

会場には10年間発行してきた当会の機関紙「森のとびら」を

バインダーに綴じて、早目に来られた方に見ていただきました。

また写真で(A3)下記のように10年間の歩みを展示しました。

IMG_4551.JPG

和室には平机、間の戸ははずして、板の間にはテーブルと椅子

が設置してあります。普段は別々に使用されています。

上原先生は早速、この黒光りした欅(けやき)の通し柱のお話を

して富山県の森にふれます。

会場に到着後すぐに付近の呉羽山を散策され、たちどころに

10種類ほどの植物を採集されて、説明してくださいました。

なるほど、そういうことだったのか!と楽しく有意義なお話に

うなづくばかり。

025.JPG

みなさん先生のお話に引き込まれました。

131.JPG

第一部は「森林療法の今、そして未来へ」がテーマです。

045.JPG

上原先生が提唱された森林療法と現在「森林セラピー」

として世に広まっているものとの違いを具体的に事例を交えて

説明されました。一般の方にはわからない違いがわかったと

思います。当会の森林療法の今後について、またセラピーに

かかわっている人への今後の方向性も示して有意義な講演

でした。

134.JPG

第二部は 当会の初代会長の鏡森定信氏の進行で会場

の参加者の取り組みなどについて質疑応答がありました。

135.JPG

滑川でアロマオイルの新規事業をたちあげた方も自己紹介

されました。会場には医療関係者、福祉関係者、林業大学生

富山の森林でセラピストとして活動している人などがおいでに

なりました。それぞれに問題意識をもち熱心に聴講されて

いました。当会も今までの取り組みを評価していただきました。

本日の講演内容は参加された皆様の今後の活動にきっと

役立つことでしょう。

参加された方には後日報告を兼ねて、当会の機関紙を郵送

する予定です。

みなさまのおかげで無事講演を終えることができました。

ありがとうございました。













posted by もりたの at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2015年08月18日

初の「モリタノの日」土曜喫茶オープンしました

初めての企画です。

今年から当会のイベントとしてはめずらしい「いつ来て、

いつ帰ってもよい」スタイルです。

7月と10月の第三土曜日だけオープンする不思議なカフェ

「風のとおり道」がゆっくりスタートしました。

IMG_4034.JPG

日 時 H27年 7月18日 10時から15時までオープン

場 所 くれは山荘保養館

内 容 お茶とお菓子で交流しながら自然を楽しむ

参加日 会員は無料 一般参加は1000円
                (会員の紹介が必要)

室内なので天候に左右されず、エスプレッソマシンの

コーヒーやお抹茶も試してみたけどおいしかったです。

IMG_4023.JPG

庭にでると、梨畑や新湊大橋や日本海まで見渡せる絶景の

呉羽ビューイングです。

5分ほどで森の散策路、鳥の声・セミの声・足元の草花も

楽しめます。

初回は金沢から来られたお二人と、持参した本の話、富山の

素敵な場所の情報交換でずいぶん盛り上がりました。

IMG_4021.JPG

「森の万華鏡」というネイチャーゲームもしました。

あじさいの水色、赤い小花、葉の葉っぱが混在した森の

万華鏡でみなさん楽しまれました。

IMG_4032.JPG

一回目の土曜カフェは好評のうちに閉店。

IMG_4019.JPG

次回は10月17日です。

posted by もりたの at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2015年08月04日

白木峰の旅報告



白木峰の旅

日  時 6月21日(日)9時〜16時

参加者は会員9名一般参加6名合計15名の参加でした。

八尾駅からは車で1時間足らず大長谷(おおながたに)という

村落までドライブです。ウイークデイは町営のバスがあります。

白木峰はニッコウキスゲで有名なところですがブナ林がある

ことでも知られています。山頂は1596mで駐車場からはかなり

の傾斜があります。

当会は足に自信がない人が多く、山頂コースではなく、麓の

21世紀の森まで歩く計画にしました。

雨模様だったので、結局は案内人の村上光進さんに雨に煙る

21世紀の森のゲート付近からブナ林まで30分ほど歩くのみに

なりました。

IMG_3857.JPGIMG_3881.JPG


しかし、八尾の奥山だけあって原生林に近い森林が残されて

いました。案内がなければ気づかないけれどブナの実の

モニタリングもされている貴重な場所でした。秋にもう一度

訪れたいと思いました。

白木峰の登山口は冬場は閉じられていますがそこにある

「森林学習展示館」は立派な展示が揃っていました。

ここでしっかり森の勉強ができます。村上さんのお話と

雨のなか「落ち葉の窓」というネイチャーゲームをして葉の

美しいポスターカードも作りました。

ちょうどササユリが花盛りでした。

雨の露でいっそう美しくみえました。

IMG_3888.JPG

IMG_3895.JPG

 ランチは民宿「村上山荘」で「天然岩魚ランチ」です。

IMG_3899.JPG

下見でいただいたスパゲッテイもおいしかったです。

山椒味など、山里的なフレーバーアイスクリームもとても美味

でした。

IMG_3902.JPG


大長谷温泉はぜひ体験してください。

施設は小さめですが源泉かけ流しで露天風呂もついてます。

休憩場所にはいろりがあり、くつろげる場所が広くて地元の

みなさんとの交流も楽しめます。

私はラベンダーの香りグッズを買いました。手作りの籠や

バンダナなどもかわいくて楽しいです。

今回はKNBラジオで事務局が当会の宣伝をさせていただき、

ラジオをきいた若い男性が一人参加してくださいました。

のんびりゆったりの会ですが、村上大長谷村づくり協議会

理事長の熱い故郷への思いをお話してもらったり、中身の

濃い旅となりました。


posted by もりたの at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2015年04月27日

平成27年総会報告

DSC09064.JPGIMG_3367.JPGIMG_3369.JPG










とやまの森で森林療法を楽しむ会の総会が下記の通り

無事終了しました。

山荘の桜は散っていましたが呉羽梨の白い花があたり一面

広がっていました。広田さんのお琴演奏が流れるなか

和やかにスタートして無事議題が承認されました。

 

                                              

日  時 平成27年4月  日 10時30分〜13時

場 所 くれは山荘保養館 別館 越山荘

参加者 14名

議題

第1号議案 平成26年度 事業報告

第2号議案 平成26年度 収支報告

第3号議案 平成27年度 事業計画

第4号議案 平成27年度 予算 案

第5号議案 役員改選

 

恒例となった鏡森先生の「薬膳ランチ」は身体にもよく、軽妙

な話題もはずんで楽しい時間でした。

 

写真は★山荘の近くの梨畑

     ★参加者

     ★デザート

デザートは美しい朱色の琉球膳にのっています。

白い紙にメニューが書いてあります。

 

 

 

 

 

 
posted by もりたの at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2015年03月24日

白馬癒し旅の報告

DSC08922.JPGDSC08929.JPGDSC08950.JPGIMG_3085.JPGIMG_3081.JPGIMG_3094.JPGDSC08884.JPGIMG_3065.JPG




当会の久しぶりの一泊二日の旅です。


 


 


一日目(2月28日)


会員はJRと車にわかれ、1230分に白馬駅で合流。


駅近辺で食事後、ペンショ植物誌に到着。


早速、白馬マイスターの吉澤敏江さんとスノーシュー


をはいて雪原散歩です。


純白の新雪とぬけるような美しい青空のもと冬の白馬


を満喫しました。


 

今回黒部の「あこや〜の」でレンタル(1セット200円)
したスノーシュー(西洋かんじき)は初心者も楽々。
 
地面から1.5m以上の雪原に残るリスやキツネの直線
型モデルウオーク、タヌキやカモシカなどの足跡から
想像がふくらみます。
ウサギが朝食を摂ったあとでしょうか。カエデの小枝
の先にはおいしそうなシロップのつららがさがってい
ます。
やがて春になって雪が融けると積雪の深さなどがこの
食べ跡からわかります。人気のジェラードは桜餅味も
あり、春の香りがふんわりして美味しかった!
 
食事の前に12月にオープンしたばかりの「八方の湯」
を楽しみました。夕方はけっこう満員です。
 
植物誌の夕食はフルコース。おいしいワインで会話も
盛り上がります。服部さんの学校で修行したシェフの
食事は優しい味でとても美味しかったです。
 
食事が終わってからは交流ルームで朗読の時間です。
「白馬連峰に名をつけた老人の話」「箕吉と雪女」の
お話が見つかりました。朗読を勉強している事務局が
この二編を朗読。雪の白馬はメルヘンでした。
 
二日目(3月1日)
白馬のジャンプコースを見学し、トンボ玉工房「GAKU
でアクセサリーを作って楽しみました。
雑貨のお店、喫茶店、お蕎麦屋さんも多く、おもてなし
の心があふれる町でした。
昼は「蕎麦酒房 膳」にて本格手打ちそば。
江戸時代のお雛様も飾ってある古民家は、お酒の種類も
多く、おつまみもたくさん種類があるそうです。
 
春になるとそれぞれの家でガーデニングが美しく、散歩
するツアーもあるので、再訪したいと思います。
今回富山から意外に近いということがわかりました。
白馬村は地震の影響もほとんどなく、R148号線は
スノーシェードでほとんどおおわれているので積雪や
雪崩の心配をしなくともよさそう。
 
電車は南小谷などで待ち時間が長かったりしますが、
人気のキハダ飴やおそばのおいしい食堂など、奥の深い
白馬癒し旅でした。
 
 
 
 
posted by もりたの at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動の記録

2014年10月22日

八尾桐谷 秋の小さな旅 

DSC08772.JPGDSC08785-001.JPGDSC08794.JPGDSC08802.JPGDSC08815.JPG
H26年10月19日の八尾イベントは一日中雲ひとつない快晴に恵ま


れました。今回の目的は◎中山間地地域チャレンジ事業を行って


いるNPO法人アイ・フイール・ファインの活動に協力しながら里山の


秋の森を体験することでした。


理事長の長谷川由美さんはアロマテラピストとしても活躍なさって


います。詳しくは下記アドレスへアクセスしてみてください。




当日の参加者は会員と大学生男子の10名です。


大学生のM君はゼミの仲間と一緒に桐谷で聞き取り調査をして


います。M君の担当は「里山の植物の有用性」とのことでした。


長谷川さんは桐谷地区の里山をいろいろな人が訪れることに


よって地域が活性化されることを願っています。


そのひとつに「クロモジの利用」があります。


クロモジは日本全国に分布している里山の代表的な樹種です。


その多様な使い途は四季を通じて私たちを楽しませてくれます。


会員のみなさんにクロモジを良く知ってもらい、できれば里親に


なってもらおうと思い今回はクロモジの鉢植えを作ってもらう


ことにしました。初体験でしたが上手にできました。


ティータイムの「クロモジ茶」も美味でしたね。



想像以上に里山の植物は有用性を秘めていました。山里に住む


人は本当に暮らしの達人です。お昼は地元の方の手打ちそば、


地元のなめこが入ったおいしいそばと大根の摘み菜のおひたし、


黒にんにくもおいしく、お土産にあんずのパックをいただきました。


他にも桐谷地区のガット出のおいしい山の水の勢いにはびっくり。


無農薬米など桐谷農業のことはまた次回に報告します。
posted by もりたの at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2014年07月26日

小矢部 倶利伽羅の歴史と自然を訪ねて

DSC08368.JPGDSC08373.JPGIMG_1828.JPGIMG_1816-001.JPGIMG_1835.JPG
小矢部イベントは19名の参加者があり気持ちの良い初夏の一日
をすごしました。
小矢部の観光ボランティア上田紀久子さんの案内は、明るく
楽しいもので源義仲関連の歴史の醍醐味を味わいました。
みなさんレベルが高いですよ。NHKの大河ドラマになるといいな
と思いました。

まずは 「埴生護国八幡宮」
神社には「戦勝祈願文」も残っており観覧可能です。
私たちは 源平の郷(さと)会館で倶利伽羅のおおまかな史実を
を学びました。ジオラマや本などもたくさんあり、初めての人にも
親切なわかりやすい展示でした。

ホントは「くりからいにしえの道」をゆっくり歩きたいところですが
なかなか人数が多いと足並みもそろわず、いっきに車で倶利伽羅
峠へ向かいました。
おかげさまで峠の倶利伽羅公園でのんびりと緑を満喫しました。

当会の目的である「森林療法を楽しむ」という体験について。
普通は標高1000mくらいのところにある「ブナ」がわずか260mの
倶利伽羅峠にあるのはとても不思議なことです。
巨木ではありませんがそこそこ大木になっていました。
公園では「ブナ」について森林インストラクターから樹のお話。
緑の中で瞑想タイムを15分もちましたが素晴らしい時間でした。
峠を吹き抜ける風はさらさらと木の葉を揺らし、葉っぱの香りや
遠くでは夏ウグイスも啼き、まさに身も心も洗われるようでした。

昔の峠道が「くりから古道」として残っています。江戸の昔へ
タイムスリップするような不思議な空間です。深呼吸などして
源平の昔を偲びました。

お昼は不動寺の茶店で取りました。そばもおにぎりもおでんも
おまんじゅうもとてもおいしかったです。ここも本来は長い長い階段を
登ってお詣りするとご利益があるそうですがショートカットして3分
ほどで裏口からきました。倶利伽羅もんもんのいわれなどおもしろい
話や五社権現からの見晴らしなど時間がたつのを忘れる楽しい
旅でした。

当会の参加者は県内あちこちからの参加なのでイベント終了は
14時ころと早めに解散します。希望者は残ってもよし、翌日に
疲れを残さないことと、余韻のあるスケジュールを心掛けています。
ではまた秋の八尾イベントでお会いしましょう。
posted by もりたの at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2014年05月10日

H26年総会の記録

IMG_1336.JPGIMG_1342.JPG










H26年総会が無事終了しました。

 

日時:H26年4月13日(日)

場所:くれは山荘保養館

議題:1・2号議案 H25年事業実績と決算

議題:3・4号議案 H26年事業計画と予算

そのた:今年は会が設立されてから8年目。今までの総括を

10分ムービーに まとめ、プレゼンテーションし、みなさんの

ご意見をまとめました。

 

今年はくれは山荘保養館の桜が満開でこぼれんばかりでした。

森を中心に「心と身体の健康」に良い企画をたててみなさんと

体験してきました。当会らしいイベントを考えてきたなかで

好評だったものなどをまとめること、またさらなる新提案も

されました。

今回は鏡森先生が作られた薬膳ランチと鏡森先生おすすめ

のラムネ湯体験も好評でした。休憩室もあるのですが、そこで

は会員さんの女子会もオープン!

自然に癒されるおだやかな時間が流れていました。

 

 

 

 
posted by もりたの at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2014年02月20日

冬の福光イベント無事終了

DSC07877.JPGDSC07886.JPGIMG_1110.JPG
福光冬のリフレッシュイベント
 日時:H26年2月16日 10時〜15時
 場所:福光 医王山温泉 ぬく森の郷
 講師:石アきよ子先生

心配された大雪注意報もなんなくクリア。
少し早目にでたら、黒部から「福光 医王山温泉ふれあいの郷」
には、なんと予定の1時間前に到着してしまいました。
黒部から福光は高速道路を時速80キロでのんびり行っても1時間
30分で到着します。
市街地にはほとんど雪もなく、びっくり。有難いです。

イベントは別館の中広間一日貸切9時〜16時で使用料は5300円。
午前中は「コミュニケーションタイムのストレッチ」メニューです。
冬場固くなっていた身体全体を少しづつゆるめていくと、10分も
しないうちに燃焼モードに!
参加者は12名。2名づつペアになってのストレッチもなかなか
楽しいものでした。「無理しないで」と何度も講師にいわれながら
どうしても「無理してできるところを見せる」のが中高年の悪い?
クセ。筋肉痛になりますので注意しましょう。

お風呂はいわゆるスーパー銭湯みたいなもの。浴場の一か所
だけがブクブク泡がたっています。雪景色の山並みをみながら
の露天風呂は広々としてとても気持ちがよかったですよ。
45.5度の源泉アルカリ性単純温泉は神経痛、筋肉痛、打ち身
疲労回復に良いそうです。

昼は部屋でお弁当セット。天麩羅がおいしかったけどレストラン
の方が地元のいろいろなメニューを楽しめると思います。

午後はメーンメニューのセルフリンパマッサージ。
本日のアロマオイルはラベンダーアングスティフォリア
ユーカリラジアータ、マージョラム、フランキンセンスの4種。
花粉症などへの対策、肩こりや頭痛の緩和、抗菌・抗ウイルス
などとリラックス効果もある素敵な石アきよ子ブレンドでした。

ていねいなリンパの説明のあと、一人ひとりが納得のいくような
身体の不調についての対策など実際に1時間やってみて効果を
実感されていました。普段は自分の身体の声をきく、ということは
なかなかありませんが、今回は身体の仕組みと自己免疫力の
大切さを学びました。

さすがに福光は物産が豊富でした。農産物販売所では新鮮野菜
安く思いきりみなさん買い物していました。
ただ、不満は「中国産」のにんにくとはちみつが混じっていたこと
です。商売よりも信用が第一!参加された人の食に関する意識
も高く、お米の話やパナソニック「ごパン」のパンがおいしい!
という話で盛り上がりました。

おかげさまで 4回のとやまの森で森林療法を楽しむ会のイベント
が無事終了しました。高齢者が安心して楽しめる会にしようと
スタッフ一同試みてきました。どのイベントも好評でした。
もしブログをみている人がおられましたら来年度はぜご入会くださ
いますようお待ちしております。
posted by もりたの at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2013年10月06日

秋のイベント朝日町散歩終了しました

DSC06909.JPGDSC06915.JPGDSC06917.JPGDSC06921.JPGDSC06925.JPGDSC06929.JPGDSC06930.JPGDSC06936.JPGDSC06938.JPG
10月6日(日曜日)は朝日町散歩でした。運動会日和で参加者も
8名と少なかったけど今回も良い体験でした。

優しい海の風と秋の澄み切った青空に心底癒されました。
おりからの秋祭りでにぎわう鹿島神社見学と参拝。
一本の大木から打ち出された柱と一体化された竜の飾りは知る人ぞ
知る名作。鹿島樹叢入りは体力が必要なので見上げるだけとして、
今回は海中心。
スタッフのフーミンさんのしおりによれば「森の癒し効果は身体の
疲れをとるのに良く、精神の疲労時には海でリラックス」
海は開放感のある風景や水のはじけるときに発生するマイナスイオン
やミネラルも含まれているとか。青い色、波の音にも心を鎮める作用が
あります。いずれにしても自然のなかにいると癒されますね。

ひすい風パウンドケーキでおやつ、薬石さがし、セルフカウンセリング
など森林療法の会らしい、快い半日のイベントメニューは参加された
みなさん大満足でした。安心してのんびり楽しくすごすには下見に
もとづいた無理のないメニューそして大事なのはお・も・て・な・し!
の心ですね。スタッフもみなさんの笑顔で楽しい時間を過ごしました。

★フーミンさんがお仕事で食彩あさひとやまのメンバーと練りあげた
お弁当が超美味でした。新聞やテレビニュースにもなってましたね。
中味はどれも地元朝日町でとれた食材で1300円です。
今回はバタバタ茶までサービスしていただきました。

★きびご飯(くるみ入り)★おにぎり(おきあみ入り)
★煮物(あざみ、ぜんまい、筍、しいたけ、人参、油揚げ、昆布)
★揚げ物(おからコロッケと揚げた里芋)
★長ネギとささみの酢味噌和えカボス添え
★小松菜煮びたし★ポテトサラダ★五目煮豆★季節の果物(柿)
★デザート(ミニおはぎとひすい寒天)
posted by もりたの at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2013年06月16日

上市セラピー基地の旅

DSC06305.JPGIMG_0492.JPGIMG_0498.JPGIMG_0496.JPGDSC06275.JPGDSC06291.JPGIMG_0505.JPGIMG_0510.JPGIMG_0516.JPGIMG_0520.JPGIMG_0522.JPG
今日はとやまの森で森林療法を楽しむ会の「上市セラピー基地の旅」
本番でした。いつもは10人前後の参加者でのんびりなのです。
今回は金沢から5名の方が参加されて総勢22名となりました。

朝まで恵みの雨が残り、富山の自然が潤ってよかったな、と思う
一方雨が心配でしたが集合時には晴れていました。
森林浴のときによくきかれるのがフイトンチッドという樹木が放出
するリラックス物質です。
今日は4つの条件がそろったベストタイミングでのイベントとなり
ました。@広葉樹よりも針葉樹の森 A雨上がりのあと B午前
11時ごろまで C季節は5月〜8月に濃くたくさん放出します。  

トガの木の参道そのものは距離としては長くありません。
だからこそ、ゆっくりと歩いて「樹」の色、「葉っぱの香り」「苔や
木肌の触り具合」「おいしそうな水滴」「鳥の声や風の音」といった
五感で感じていただきたいのです。境内には大きな椎の木が雄大
にそびえたっています。たびたびの本堂の火災をまぬがれたので
しょうか。仰ぎ見る巨樹です。

苔と落ち葉の上で「座禅」を組みました。立山寺の開祖大徹老師と、
白髪のひげをたくわえた立山権現が問答をしたという座禅石が近くに
あります。場所はちょっとわかりにくいです。
今日はわかいころにヨガを習っていた事務局若井が座禅と印の結び方
の作法を説明させていただきました。
11時の梵鐘の音とともに終わったあと、みなさんはとても清々しいお顔
でした。瞑想するにもよいところですね。

そのあとは史子さんの手作りティータイムです。「メグスリノ木のお茶」
(大岩で購入可)、ホットコーヒー、ローズヒップ茶と手作りクッキー
ホットケーキで和やかな時間。かもしかさんも様子見に来ましたよ!
参道の横にあずまやもあるのでゆっくり一休みできます。

立山寺でのメニューの最後は森林療法の第一人者上原巌先生の
「セルフカウンセリング」シートを使ったセルフカウンセリングです。
ちょっと手軽にセラピー気分なのか、精神的に癒されたい森林療法
なのか昨今2つの方向があります。当会は後者の方。自分自身の内面
とも向き合い、今生きてこの場にいることの幸せを感じとる、というよう
な気分を共有できたらいいなあ、と会のスタッフは考えています。

このあとは大岩のだんごやでそうめんをいただき、山菜の煮ものと
おだんごを食べ緑濃い大岩日石寺の境内を散歩しました。
境内に「女みくじ」「男みくじ」と男女にわかれたおみくじがあります。
ちなみに私がひいたところ、めずらしく「大吉」がでました。
「小さな幸せが積み重なり運勢は上向きに。なにごとも前向きにとらえ
明るい心を持ち続けることが今の幸運を生かす最大の秘訣となる」
でした。このブログでもいつも「小さな幸せ」お伝えできたらいいな、
といつも思っています。(^^)/
posted by もりたの at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2013年04月14日

総会と桜と森のお散歩

IMG_0226.JPGIMG_0229.JPGIMG_0230.JPGIMG_0235.JPGIMG_0238.JPGIMG_0239.JPG
久しぶりにあたたかい日となりました。
森はどんぐりがあちこちにこぼれ、なんとか芽をだそうとしてました。

H24年の実績とH25年の計画はとどこおりなく承認されました。
今年は役員の交代の年だったので会長職は小見豊さんから宮長悟
さんに交代となりました。

総会のあとは
白鳥城址まで散歩する予定でしたが実は「くれは山荘保養館」の裏口
からはちょっと時間がかかります。わずか1qですがアップダウン
が多いので中高年の歩きなれない人は往復1時間かかるでしょう。
途中ですみれやショウジョウバカマをみながらお茶しながらの散歩を
ものたりない、と思う人は元気な証拠!
よほどアウトドアに慣れている人じゃない、と意外に山道は足腰に
きますので無理しないでください。

散歩後は鏡森先生の「薬膳ランチ」です。
たっぷりの薬膳粥に元気パワーをもらいました。
人々が健康であることを願う先生の気持ちがやさしい薬膳ランチ
でした。
今年の計画は香イベントがプラスされますのでまた追って報告
しますね。今日の雰囲気がでている写真をつけます。
posted by もりたの at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録

2013年04月13日

八尾 香のイベントの記録です。

DSC04780.JPGDSC04785.JPGDSC04786.JPGDSC04787.JPGDSC04793.JPGDSC04795.JPGDSC04800.JPGDSC04815.JPGDSC04824.JPGDSC04825.JPGDSC04826.JPGDSC04831.JPGDSC04838.JPGDSC04844.JPGDSC04851.JPG
とやまの森で森林療法を楽しむ会の秋のイベントが無事終了しました。
森の香りをさがして活用し、日本の森林を活性化する
ことができればよいな、という夢もあります。
昨年はクロモジを採取してアロマオイルを抽出しました。
今年はアカマツからオイルを採取しようという企画です。
今回は森林インストラクターとしてわかっちが「日本の松」の話をあれこれ
まとめてお話しました。

松葉は「若い葉っぱ」「低い位置で採取しやすい」「深山はクマがでる
のでダメ」ということでアバンダンスの近くの八尾の森で準備しました。
午前中に採取→松葉を裁断→機械で抽出 本当は乾燥後に裁断が
ベター。
長時間でほんのわずかしか抽出できません。
今回は松葉ジュースも作ったのでその写真もアップしておきます。

ジュースは @松葉の緑のところだけを準備 Aきれいに何度も洗う
        Bジューサーミキサーで粉砕 C濾して液だけにする
        Dハチミツ、レモン(クエン酸必要)など、塩わずかまぜる
        E味を調えて終了

今回は沖縄のシークワーサー、五箇山のアカシアのハチミツ、とおいしいもの
が用意されていたので松葉ジュースもすこぶるおいしかったです。
ただし、デトックス効果もあり、飲みすぎないように!
クロマツは効用もないし、ジュースにもならないのでご注意ください。

アバンダンスの環境も良く、長谷川由美オーナーも素敵な方です。
またお昼のスパゲッティランチがとてもおいしかったし、16名というほどほど
の人数で、若い女性にも楽しんでいただけたようで大成功となりました。
posted by もりたの at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録