2013年06月16日

上市セラピー基地の旅

DSC06305.JPGIMG_0492.JPGIMG_0498.JPGIMG_0496.JPGDSC06275.JPGDSC06291.JPGIMG_0505.JPGIMG_0510.JPGIMG_0516.JPGIMG_0520.JPGIMG_0522.JPG
今日はとやまの森で森林療法を楽しむ会の「上市セラピー基地の旅」
本番でした。いつもは10人前後の参加者でのんびりなのです。
今回は金沢から5名の方が参加されて総勢22名となりました。

朝まで恵みの雨が残り、富山の自然が潤ってよかったな、と思う
一方雨が心配でしたが集合時には晴れていました。
森林浴のときによくきかれるのがフイトンチッドという樹木が放出
するリラックス物質です。
今日は4つの条件がそろったベストタイミングでのイベントとなり
ました。@広葉樹よりも針葉樹の森 A雨上がりのあと B午前
11時ごろまで C季節は5月〜8月に濃くたくさん放出します。  

トガの木の参道そのものは距離としては長くありません。
だからこそ、ゆっくりと歩いて「樹」の色、「葉っぱの香り」「苔や
木肌の触り具合」「おいしそうな水滴」「鳥の声や風の音」といった
五感で感じていただきたいのです。境内には大きな椎の木が雄大
にそびえたっています。たびたびの本堂の火災をまぬがれたので
しょうか。仰ぎ見る巨樹です。

苔と落ち葉の上で「座禅」を組みました。立山寺の開祖大徹老師と、
白髪のひげをたくわえた立山権現が問答をしたという座禅石が近くに
あります。場所はちょっとわかりにくいです。
今日はわかいころにヨガを習っていた事務局若井が座禅と印の結び方
の作法を説明させていただきました。
11時の梵鐘の音とともに終わったあと、みなさんはとても清々しいお顔
でした。瞑想するにもよいところですね。

そのあとは史子さんの手作りティータイムです。「メグスリノ木のお茶」
(大岩で購入可)、ホットコーヒー、ローズヒップ茶と手作りクッキー
ホットケーキで和やかな時間。かもしかさんも様子見に来ましたよ!
参道の横にあずまやもあるのでゆっくり一休みできます。

立山寺でのメニューの最後は森林療法の第一人者上原巌先生の
「セルフカウンセリング」シートを使ったセルフカウンセリングです。
ちょっと手軽にセラピー気分なのか、精神的に癒されたい森林療法
なのか昨今2つの方向があります。当会は後者の方。自分自身の内面
とも向き合い、今生きてこの場にいることの幸せを感じとる、というよう
な気分を共有できたらいいなあ、と会のスタッフは考えています。

このあとは大岩のだんごやでそうめんをいただき、山菜の煮ものと
おだんごを食べ緑濃い大岩日石寺の境内を散歩しました。
境内に「女みくじ」「男みくじ」と男女にわかれたおみくじがあります。
ちなみに私がひいたところ、めずらしく「大吉」がでました。
「小さな幸せが積み重なり運勢は上向きに。なにごとも前向きにとらえ
明るい心を持ち続けることが今の幸運を生かす最大の秘訣となる」
でした。このブログでもいつも「小さな幸せ」お伝えできたらいいな、
といつも思っています。(^^)/
posted by もりたの at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69525068

この記事へのトラックバック