2019年03月29日

内山邸の早春を堪能しました。

とやまの森で森林療法を楽しむ会 

平成の最終イベントは富山市の内山邸でした。

IMG_4982.JPG

場 所:まだ咲いてませんでしたが、しだれ桜が真ん前にある「桜香の間」

IMG_4981.JPG

IMG_4987.JPG

日 時:3月3日10時〜13時まで。

    10時〜10時20分 「屋敷林の500年について」 若井の話

    10時30分〜    屋敷見学  梅林の散策

    11時30分〜    広田会長による

             「日中韓 三国 森林保養フォーラムの報告

    12時〜       お茶会とランチ 

昨年、内山家15代協一さん著「屋敷林の500年 内山邸の原風景」

が発行され、歴史や内容もさることながらその写真と装幀、英訳も美しく

本の完成度の高さに感動しました。

IMG_4995.JPG


歴代の当主の方々の軌跡が展示されているもの、残されている民具

から浮かび上がります。

本を読んでいなかったらわからない屋敷林の変遷、

たとえば「100年以上の樹が277本あったこと、そのすべてが伐採

され戦争に使われたこと」など、樹を大切に思う私たち会員にとって

驚きでした。

事務局 若井は歴代の当主のお人柄や時代背景について30分お話しました。

特に季友氏の妻量子さんはアララギ派の歌人でもあり、エッセイ「柳原夜話」

の「14日年越し」小正月の旧暦行事の記述が楽しい。近隣の人々とご当主

が広間で行った「小豆占い」の一文を朗読させていただきました。

桜餅をいただきながらのお茶会、雛まつり弁当でのランチなども美味しく

森の中とまたちがった行事を楽しみました。

IMG_4991.JPG

広田会長の お話も大変興味深く、おりから中国の方が一名当会の

行事に一般参加いただき、それぞれの国での森林についてのお話などで

盛り上がりました。

参加者も今まで一番多い16名でした。






posted by もりたの at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185781992

この記事へのトラックバック