2018年01月15日

11月19日 マインドフルネス実践セミナー

今年三回目のイベントは久しぶりに保養館でのセミナーでした。
最近よくきく「マインドフルネス」という言葉に興味があったので
富山市在住の講師をお招きして体験しました。人には習慣という
生き方のクセがありますが、そこを見つめなおす機会となりました。
からだも大事ですが「心の健康」って大事ですよね。

マインドフルネス実践セミナー

日 時 H29年11月19日 9時〜13時

場 所 くれは山荘保養館

参加者 会員 12名 一般参加 2名

講師 小松紀美子さん
   (産業カウンセラー、精神保健福祉士)
  ヨガ・瞑想を取り入れたマインドフルネスを実践

DSC_0011.JPG

一部では 直観力・呼吸法・五感・ストレス・自分を知る
などのお話。実際体験し、資料で確認しました。

最近なかなか言葉がでてこないということはありませんか。
頭で何か考えたことも言葉であらわさないと、消えてしまいます。

■直感力磨くには連想ゲームがよい
 人間の直感とはなかなかのすぐれもの。
 瞬間的に「あっ」と思ったことはだいたい合っているそうです。

 一つの言葉から10個の言葉を連想する。

これは簡単そうですが意外になかなかできません。一日10秒でも
良いから言葉を思い浮かべる、もしくは書いてみる、という作業で
直感力を磨いてください。

■良い呼吸が良い瞑想につながる
 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っています。
 このバランスがとれていることが健康のカギとなりますが
 その元になるのが良い呼吸です。

■五感について
 香りは心の安定に重要な要素です。(アロマの効用)
 触感や聴覚など衰えてきますがすべて脳に直結しているので
 五感に敏感になることは脳の活性化につながります。

■ストレスをコントロールするには
  ●今の自分がどういう状態か客観的にみる
  ●みんなちがってみんなよいという視点
  ●ストレス解消の対応策をもっておく
  ●対応する技を磨く(体験や学習)
  
■自分を知ることも大事
 私はここまでやってきた、これからもやれる、という 自己肯定感や自己信頼感を持つと自信につながる
 自信をもつには「他者貢献」も大事です。友達に囲まれ
 社会的孤立、情報孤立しないことが大事です。
 無条件に受け入れられ、ほめられ、まわりに恵まれている人
 はストレスが少ないです。

二部では レーズンを使って「レーズン瞑想」を実践しました。
     ヨガ瞑想も体験しました。

IMG_0722.JPG
IMG_0719.JPG

今回のセミナーで、「過去の記憶に惑わされず、未来への不安におびえる
ことなく今の現実を見る」ということを再確認しました。
笑う余裕がなくてもにっこり笑って鏡を見たら脳がカン違いしてくれる
というお話もありました。
瞑想などしながら自分がおだやかに過ごせる時間と空間を確保しましょう。
今回は女性ばかりの参加でした。アットホームな雰囲気で自分を見つめ
直した良いセミナーでした。




posted by もりたの at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182152660

この記事へのトラックバック