2014年10月22日

八尾桐谷 秋の小さな旅 

DSC08772.JPGDSC08785-001.JPGDSC08794.JPGDSC08802.JPGDSC08815.JPG
H26年10月19日の八尾イベントは一日中雲ひとつない快晴に恵ま


れました。今回の目的は◎中山間地地域チャレンジ事業を行って


いるNPO法人アイ・フイール・ファインの活動に協力しながら里山の


秋の森を体験することでした。


理事長の長谷川由美さんはアロマテラピストとしても活躍なさって


います。詳しくは下記アドレスへアクセスしてみてください。




当日の参加者は会員と大学生男子の10名です。


大学生のM君はゼミの仲間と一緒に桐谷で聞き取り調査をして


います。M君の担当は「里山の植物の有用性」とのことでした。


長谷川さんは桐谷地区の里山をいろいろな人が訪れることに


よって地域が活性化されることを願っています。


そのひとつに「クロモジの利用」があります。


クロモジは日本全国に分布している里山の代表的な樹種です。


その多様な使い途は四季を通じて私たちを楽しませてくれます。


会員のみなさんにクロモジを良く知ってもらい、できれば里親に


なってもらおうと思い今回はクロモジの鉢植えを作ってもらう


ことにしました。初体験でしたが上手にできました。


ティータイムの「クロモジ茶」も美味でしたね。



想像以上に里山の植物は有用性を秘めていました。山里に住む


人は本当に暮らしの達人です。お昼は地元の方の手打ちそば、


地元のなめこが入ったおいしいそばと大根の摘み菜のおひたし、


黒にんにくもおいしく、お土産にあんずのパックをいただきました。


他にも桐谷地区のガット出のおいしい山の水の勢いにはびっくり。


無農薬米など桐谷農業のことはまた次回に報告します。
posted by もりたの at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104822911

この記事へのトラックバック